バイオマスプラスチック

トウモロコシ・サトウキビ・ジャガイモなど植物由来の「環境配慮型原料」です。

石油由来の原料を削減することにより大気中のCO2濃度低減に貢献します

バイオマスプラスチックは世界でも注目度が高く、さまざまな種類のものが開発されています。

従来の石油由来との比較は下記の通りとなります。

最近では以前より価格も安くなり、技術の進展により広範囲な商品への利用が可能になってきております。

バイオマスプラスチックは大きく2つにわけられます。
植物を原料としたプラスチックと生分解性プラスチックです。
用途に応じて、身近なところから各種産業まですでに幅広く使われています。

•日用品(ゴミ袋・水切りネット・紙おむつ)
•繊維製品(カーペット・衣類)
•電気・電子製品(パソコン部品・携帯電話部品)
•土木・建築資材(土嚢袋・防草シート)
•農業資材(育苗ポット・マルチフィルム)
•漁業資材(漁網・釣り糸

さらに今後の需要の拡大が期待されています。

オーダーメイド印刷もできます。

印刷には米やその他植物由来の「環境配慮型インキ」を使用します。
価格的には通常インキとほぼ同価格です。
バイオマスプラスチックと合わせて使用することにより環境アピールに最適です

 

▶製品に関するご質問・ご相談など、お気軽にお問合せ下さい